今日も心豊かに一日を

節約必至、子育て主婦が資産を増やすため生活の知恵を絞ります。夫も登場します。

親子丼をかんたん冷凍煮汁リメイクで!

煮物の煮汁は出汁と一緒。捨てずに保存

こぶの煮物

今日はお昼に、こんにゃく、人参、玉ねぎ、こぶ、の煮物を食べました。
この煮物、前日の夜に作った一品の残りです。
在宅主婦な私の平日ランチは手間をかけず簡単に、ご飯と昨日の残り物です。笑。


 

たくさんの煮汁は冷凍保存

昨夜の夜にこの煮物を調理した鍋には煮汁が残っています。

こちらの煮物には、

水=カップ250ml
北海道棹前こんぶ 5cmカット×4つ
しょうゆ=おおさじ2.5
みりん=おおさじ2 

を使用。

我が家は妊活を始めたころから夫婦共に健康管理に目覚め、薄味の食事を心がける日々。昆布だしの味がしみていれば十分美味しく感じられます。

結果、具を食べたあとは、昆布だしの味がきいた煮汁がたくさん残ることに。
これは捨てるともったいないので、冷凍保存することにしました。

今夜この煮汁を使って親子丼を作ればよかったのですが、ついこないだ親子丼を食べたばかりで飽きるので、冷凍して来週親子丼にリメイクすることにします!



 

親子丼へリメイク

親子丼へのリメイク時は味をみて、みりんしょうゆを多少加えるなど調整はするでしょうが、なんといってもベースの出汁があるのが心強い!


親子丼へのリメイク方法は

①この冷凍煮物の煮汁を自然解凍後フライパンに入れる
②親子丼の具(たまねぎ、鶏肉)等を入れて煮る
③味見をして味が薄い場合はみりんとしょうゆを少し足して調整
④溶き卵でとじる

簡単です。早いです。

煮汁を冷凍してとっておくだけで、次の料理で時短気持ち的に面倒でない、という心の余裕が生まれます。
冷凍ものを使う料理はですよね。

調味料の節約にもなります。
 
冷凍した煮汁は過去にも試していますが、冷凍保存で1週間ほどおいたものでもまったく大丈夫でした。
冷凍なのでもう少し長く日持ちするかと思います。

煮物の煮汁、今後も捨てずに保存していきたいと思います!