今日も心豊かに一日を

節約必至、子育て主婦が資産を増やすため生活の知恵を絞ります。夫も登場します。

圧力鍋はゼロ活力鍋で!甘い野菜の離乳食も簡単に

圧力鍋はゼロ活力鍋で!甘い野菜の離乳食も簡単に

一歳児がいて毎日やることと言えば 離乳食の用意 ですが、できるだけ簡単な楽家にしたいです。

今日は ゼロ活力鍋で便利に離乳食作り です。




圧力鍋購入時はゼロ活力鍋を選択

我が家ではアサヒ軽金属の圧力鍋「ゼロ活力鍋」が大活躍しています。

こんなお鍋です↓


 

産前は普通の鍋に鍋カバーをかけて余熱調理なども駆使していましたが、やはり手早く楽に調理できる圧力鍋が欲しいと常々思っていました。

そして産後ついにアサヒ軽金属の「ゼロ活力鍋」を購入。


以前、母の誕生日にお祝いでゼロ活力鍋をプレゼントしたのですが、母があまりに「ゼロ活力鍋が良くて、他の鍋が使えない」というので私も気になっていました。

様々な種類の圧力鍋が普及していますが、調べるとやはりゼロ活力鍋が一番素材がよさそうでしたので、ゼロ活力鍋に決めました。


元々は離乳食のためではなく、ガス代節約のため圧力鍋が欲しいと購入したのですが、これが予想以上に使えます!



離乳食にも便利に使える

普段の大人の食事はもちろんですが、具材がトロトロやわらかく仕上がるので、離乳食にピッタリです。

最近はほぼ毎日使っています。
 
我が家は一番大きいLサイズ。
大人二人&一歳児ですが、一回に入るだけの量をまとめて入れて
数日で食べきれないものは冷凍するので、Lサイズがちょうどよいです。

 
今日は野菜だけです。

1.ニンジンとキャベツをざくぎりにして鍋にいれる
2.水200ccをいれる。
(どんな料理でも必ず水はいれます。水を入れ忘れると具材が焦げます。経験済み、。)

調理ですることはこれだけ、とても楽です。




蓋をしめて赤い重りを載せてガスを強火でオン。
6分ほどでシューシュー鳴り始めて右の黄色いボタンみたいなものが
出てきます。

そのまま1分ほどシューシュー言わせて、赤い重りが強く振れだしたらガスを切ります。



黄色いボタンは出てきたまま。
その後25分ぐらい経つと黄色いボタンが中に戻り見えなくなります。
それが赤い重りを取り外して蓋を開けてOKというサイン。
開けてみると

キャベツが見た目のかさがだいぶ減りました。

この時点でもだいぶやわらかく、噛むのに負担なく食べられるぐらいです。

しかし、さらにここから蓋をしたまま3時間ほど放置し、余熱調理です。ゼロ活力鍋の特別な金属のおかげで、鍋は当分熱いまま保たれます。弱火でコトコト煮ているような感じになります。
 
3時間後の鍋はまだぬるく温かい!

中の野菜はトロトロ柔らかです!
口に入れていみると分かりますが、歯を使わなくても口の中でトロける感じで食べられます。
このまま離乳食の皿に載せてスプーンで一歳児の口へ。

味付け無しでも野菜の旨味で美味しい

こちら今回作ったもの、スプーンもすんなり柔らかキャベツに入ります


もぐもぐ美味しそうに食べます。
 
味付けをしなくても野菜の旨味が凝縮されて甘く美味しいです。

物足りないときは昆布を一緒に鍋に入れると、
昆布だし味野菜&トロトロ昆布も食べられる、と一石二鳥。
鍋には野菜の旨味が凝縮された煮汁が残るので、もちろん捨てずに味噌汁か野菜スープにします。

赤ちゃんには素材の味が一番だと思いますが、ゼロ活力鍋はまさに素材の味を生かした調理ができます



ガスの火をつけて数分後に消すだけ、本当に調理が簡単です。
あー便利!
また後日他の料理についても記載したいと思います。

関連記事
sunukolisbonshuhu.hatenadiary.jp