今日も心豊かに一日を

お得&節約生活、子育て主婦が資産を増やすため知恵を絞ります。夫の執筆記事もときどきあり。

赤ちゃんの肌トラブル おむつかぶれを防ぐには?節約にもなる方法

赤ちゃんの肌トラブル おむつかぶれを防ぐには?節約にもなる方法

こんにちは妻です。


赤ちゃんの肌トラブル、おむつかぶれで悩むこと多いですよね。


我が家の娘は2歳になり、肌もだいぶ強くなったのかおむつかぶれの頻度はかなり減りました。

毎日ケアしていれば、かぶれはほぼ見られない状態です。


ですが、1歳になる頃までは肌が弱いのか、少しでも気を抜くとすぐにかぶれていました。 当時助産師さんにも相談したところ、おむつ替え時にするケア方法 を教えて頂くことができ、その後ずっとその方法を継続しています。


かぶれを防ぐおむつ替え時のケア方法、ご紹介したいと思います。



助産師さんから教えて頂いたこと

妊娠時からお世話になり、私がとても信頼している助産師さんが丁寧に教えて下さった方法です。


そもそも赤ちゃんのウンチとオシッコがオムツの中で混じったときが一番肌に良くない状態になるようで、それが原因でオムツかぶれが起こることが多いとのことです。

助産師さんいわく、オムツ替えのときはとにかくで洗い流すのが一番よい
と。


おむつ替えのときに、ペットボトルなどにぬるま湯を入れて、はいていたオムツを下に敷いた状態で赤ちゃんのお肌にぬるま湯をかけて洗い流し、綿100%のタオルやガーゼなどで拭く、という方法です。


使うアイテム

ペットボトルにぬるま湯を入れて洗い流す、というのが少し手間なので、我が家ではこちらのアイテムが活躍しています。

太めのスポイト&カップ です。


スポイトはこのようなものです↓


おむつ替え時のお尻ケア方法

おむつ替えのときは、

1. カップに水を少し入れて電子レンジで10~20秒ほど温めてぬるま湯にします。

2. カップのぬるま湯をスポイトで吸って、赤ちゃんのお肌に数回かけて洗い流します。

3. 綿100%のミニタオルでおしりなどお肌を拭いてあげます。


毎回この方法でおしりをふいてあげています。

おしっこのときは市販のウェットおしりふきは使わず、この洗い流し方法のみ。

ウンチのときは、市販のウェットおしりふきできれいにふきとった後、仕上げにこの洗い流し方法でお肌をぬるま湯で流してあげをします。


この 太めのスポイトぬるま湯で洗い流す方法 を始めてからは本当におむつかぶれが減りました

おしりふきの成分は赤ちゃんのお肌に合う合わないがありますし、やはり水で洗い流すのが一番、という助産師さんの言葉に心から納得です。


ちなみに、市販のおしりふきについても成分を調べて吟味したものを使っています。

おしりふきの成分はこちらをご参照くださいね↓ sunukolisbonshuhu.hatenadiary.jp


アイテムは100円ショップで

ペットボトルの代わりに 太めのスポイト、これは使えるアイテムです。

カップに入れてぬるま湯にしたものをスーっと吸うだけなのでとても簡単&便利です。


私はたまたま自宅にあったものを使っていますが、

ダイソー、キャンドゥ、セリアなどの100円ショップで購入できます。

こちらはキャンドゥで、化粧品用スポイトとして化粧品コーナーの詰め替えボトルのあたりに置いてありました。


おしっこのときには市販のウェットおしりふきも使わないので、節約にもなります。


我が家の娘には アメジストのやわらかタオル が合っていて、これだと肌がかぶれないので使い続けていたのですが、これがなかなか割高なので使う量を、ウンチのときだけ、とセーブできたのはだいぶ節約になりました。


赤ちゃんのおむつかぶれに、100円ショップで簡単アイテムを入手&自宅の水道水なのでお肌にも安心、よかったら一度ためしてみてくださいね。